ウーマン

安全な豊胸手術でバストアップを目指す|理想のボディがゲットできる

バストへの脂肪の注入

バスト

安全性の高さ

豊胸手術は、一般的には生理食塩水や液状のシリコンなどをバストに注入するという方法でおこなわれています。そして昨今では、脂肪を注入するという豊胸手術もおこなわれるようになっています。まずは患者の脂肪を採取して、そこから質の良い脂肪細胞のみを取出し、バストに注入するのです。この方法での豊胸手術は、安全性が高い点から、注目されています。もともと体内に存在していた脂肪が、質が良い状態になって体に戻ってくるわけですから、アレルギー症状などが出てくる心配がないのです。また、本物のバストとほとんど同じ柔らかさになるというメリットもあります。そのため豊胸手術を希望する人の多くが、この方法を選択することになると予想されています。

痩身効果も

脂肪注入による豊胸手術は、痩身効果があるという点でも、話題となっています。というのも、注入する脂肪は、体中のどの部位からでも採取することができるのです。たとえばお腹周りの太さが気になるという人はお腹から、太ももを細くしたいという人は太ももから、それぞれ採取することが可能です。そして採取は、いわゆる脂肪吸引によっておこなわれます。そのためその部位は、スリムな状態になっていくわけです。バストアップ効果を得ながら、痩身効果をも得ることができるため、プロポーションはより魅力的なものとなります。また、脂肪吸引は直径数ミリの管で、脂肪の注入は注射針によっておこなわれます。どちらも細いため、体には大きな傷が残らないという点も、人気の理由のひとつとなっています。